姿勢が変わる 人生が変わる 足指トレ 2     足指の(「開く力」と「押さえる力」をつけるトレーニング)(NO.81)

こんにちは!

人生100年時代です。ますますの成長 発展をしたい アクティブな40代 50代の方々へあなただけの あなたのための パーソナルトレーニングで中高年の「姿勢づくり」「美姿勢」「姿勢改善」のお手伝いしています。パーソナルトレーニングラボの てらいです。

パーソナルトレーニングラボでは ご登録いただいた方 中高年むけに 有用な運動と栄養の情報 時々雑談などの情報をお送りします。

また 特典として グループラインのメンバーの方には専門のトレーナーと専属の栄養士が 運動と食事 栄養に関して、無料にてメール LiNE相談をお受けいたします。

「足指」がしっかり使えれば、姿勢も体形も変わる(2023/7/13日経ヘルス記事より)

「開く力」を鍛えるとキレイな立ち姿に!

「開く力」が重要な理由は、重心の安定を確保するためです。

足指が開かないと、指の変形だけでなく、膝関節まで変形しやすくなる可能性があります。

立っているときの支持基底面が広いほど、体は安定し、腰や肩、膝関節への衝撃も軽減されます。

足指を大きく開くことで、親指と小指にバランスよく力が入り、ふくらはぎや太もも、お尻の筋肉にも伝わり、脚のスタイルアップやシェイプアップにも影響。

足指を開くのに重要なのは、母趾外転筋と小趾外転筋(詳しくは前回ブログ参照)だけでなく、MP関節(中足趾節関節:詳しくは前回ブログ参照)から指を動かせることも重要です。

立ち姿勢の基本は「足の間をこぶしひとつ分開ける」

足幅に関係なく足指を使うことが理想的です しかし立って鍛えるときは「こぶしひとつ分」の足幅が推奨されます。

これにより、足関節の真上に股関節を配置し、アーチを効果的に引き上げることができます。足幅が狭いまたは広いと、足裏に体重が斜めにかかり、アーチが潰れやすくなるります。

足と足の間(足隔)を大きく広げる人や、つま先が外に向く傾向がある人は、足指を開かない代償として、無意識に支持基底面を広げて立っていると言えかもしれません。

足指本来の動きを目覚めさせる【MP関節ストレッチ】

足指を使うときは、指先だけではなく本来の指の付け根であるMP関節(中足趾節関節:詳しくは前回ブログ参照)から動かしたい。

使っていないと硬くなって指が開かなくなってしましう関節です。

①指の間を 手で広げます。

手と足で握手!します。足指の間にての指を挟み しっかり足の指の間を開きます。

②右手で左足の土踏まずあたりをしっかりつかみ、MP関節から5本まとめて反らしストレッチ。

③右手の親指で左足のMP関節の下(かかと寄り)を押しながら、MP関節から足指を曲げます。親指から小指まで行います。反対の右足も同様に行います。

自分で開く力を鍛える【板チョコ割り足指筋トレ】

両手で足をつかみ、板チョコを割るように足の甲を広げる

手の指で足裏を押し上げるようにアーチを作り、そのまま足指を大きく開く。手の指を使って広げてもいい

足指を開いたまま、ゆっくり両手を離し、10秒キープする。逆足も同様にします。

まずは、やってみましょう! 

ご不明な点ありましたら、遠慮なくお問い合わせください。
(この記事は日経ヘルスより シニアミドル向けの記事としてご案内させていただきました)
 
 

次回は、

姿勢が変わる 人生が変わる 足指トレ 3     

腰痛も肩こりも軽減する 実際の立ち方!

 

です。 お楽しみ

★★TRAINING LAB★★TRAINING LAB★★TRAINING LAB★★

アクティブなシニアミドルの動ける体動ける心をサポートする

中高年専門の個別指導トレーニング                     

パーソナルトレーニングラボ 所沢

代表トレーナー てらいあきら

★★TRAINING LAB★★TRAINING LAB★★TRAINING LAB★★

このトークからの通知を受け取らない場合は、画面右上のメニューから通知をオフにしてください。

関連記事

PAGE TOP